山田昌弘 基本政策

名古屋市会議員(千種区)・衆議院議員古川元久事務所長
山田昌弘(まさひろ)

みんなの声をカタチにします!


1> ワンストップサービスの実現

政治の世界に入って18年。地域の皆さんのご相談、ご要望に応えて参りました。
古川元久代議士の秘書であり、事務所も同じ。事務所や私にお声をいただければ、地域の要望は市会議員として自ら動き、県への要望は仲間の愛知県議会議員・黒田太郎さんに、国への要望は古川代議士に直接伝えることができます。
「この件は市のことなので…県のことなので…国のことなので…」といわゆる“たらい回し”にすることはありません。
皆さんのお声・お困りごとを一手に引き受け、問題解決のために国・県・市タッグをを組んで取り組めるのは私だけです。


2> シニアの皆さんに優しい街づくり

私は44歳、一人っ子ですが現在70歳代の両親と別々に暮らしています。
しかし近い将来両親の健康不安や介護に向き合う状況に必ずぶつかります。
一緒に生活をしたくてもできない…仕事や家庭環境によって、そういった環境に置かれている方は多いのではないでしょうか。
超高齢化社会に突入した現在、老老介護問題をはじめ、シニアの皆さんの安心を中心にした街づくりを積極的に進めていかなければなりません。
シニアの皆さんのための介護、防災・減災対策、公共交通等の整備を進めます。


▶介護の在り方を根本的に見直します
▶地下鉄出入口の既存の階段に加え、エレベーター・エスカレーターを増設します
▶備蓄倉庫など、学区ごとの災害対策だけでなく、町内単位での災害対策を進めます



3> 子どもを中心とした教育改革

秘書として9年間お世話になった、元参議院議員さとう泰介さんは教育分野のエキスパートでした。
そのもとで教育について学び、人脈も広げることができました。市会議員としての4年間も“教育の山田”と言われるように取り組み、本会議での質問も教育の分野を数多く取り上げました。
名古屋の将来を考えれば名古屋の教育を充実させることは必然だと考えます。
大人の都合、行政の都合の教育改革ではなく、子供たちにとって一番良い教育改革を進めます。


▶高校の教科書を無償化します
▶子どもの社会教育や放課後の児童の健全育成のために、トワイライトスクール・ルーム、
 学童保育への支援を積極的に推進します

yamadasan.gif